どこでも起きてしまうようになった空き家問題を考える


加速する空き家問題



人口減少は、日本だけの問題ではありません。この問題を加速させている背景としては、さほど影響を受けていない都市部と、平均以上に大きな問題となってくる地方との格差があるでしょう。仕事や生活を求め、都市部に移り住んでいくのは当然の流れです。生活をしていかなければいけない以上、避けられない部分を持っています。都市を小さくまとめ、住み替えを進めていったことも大きな要因となってきましたが、副産物として空き家問題まで生み出すことになったのは間違いありません。

さらに法律的な問題も絡み合い、都市部でも住み替えが進みました。古い住居を処分するなら空き家のままにした方が出費も少ないというのも、空き家を増やす原因となりました。結果として法律などによる整備が加速することになり、さまざまなかたちを作り出しましたが、それでも確実な対策につながっていないのが現状です。あくまでも放置された空き家に対しての処分を求めるもので、地方が抱える人口格差や流入の問題をクリアするものではありません。

実際に空き家を抱えている場合、どうしたらいいのかといったことも考えていかなければいけないでしょう。使わないなら、貸し出すことを考えリフォームするといった手もあります。売却してしまうといったこともできますし、更地にするといった方法も検討しなければいけません。簡単に結論を出せないこともありますが、解決していかなければいけない問題です。

二次的住宅の空き家の問題もあげられます。別荘として購入したものの、だんだんと利用できる状況ではなくなり、オーナーの手から離れても、そのまま放置されるような場合も出てきました。死亡後にそのままになってしまっているようなこともあります。非常に大きな問題となるため、だれもが考えていかなければいけないでしょう。